北島達也公式website

北島達也式【身体鋼化】の理論と実践を公開

*

ボディービルダーの「フルスクワット」時の重心は?

      2015/10/28

———————————————
Q:いつもメルマガとyoutubeで大変勉強になっております。

来年ボディビルのコンテスト出場目指して
トレーニングしています。

これまで脚のトレーニングでスクワットを行う際、なるべく
深くしゃがみ込むフルスクワットを意識してやってきました。

今後はやる必要はないのでしょうか?

北島さんが推奨するつま先重心で「パーシャルスクワット」
だけで行えばいいのでしょうか?

また今後、フルスクワットなどは行わなくても宜しいですか?

あと膝が怪我をしてる人、または過去膝を痛めた人なども
つま先加重のスクワットを行った方がいいのでしょうか?

———————————————

A:つま先重心でレギュラースタンスで
スクワットを行うとフルスクワットは出来ません。

ですが、スタイルを良くしたり運動能力を高めるため
でしたらフルスクワットは全く必要ありません。

また・・・

「つま先重心だと膝を痛める」という日本だけで主張される理論は
つま先重心のレギュラースクワットでフルスクワットをしようと
するからです。

「つま先重心が膝に悪い」というわけ
ではないのです。

ですが、ボディービルのコンテストで勝つために、
時として必要になる場合もあります。

大臀筋や大腿四頭筋下部にボリュームが足りない場合、
フルスクワットも良い種目となります。

しかし、カカト重心で行うと全体的にバランスの悪い
ボディービルダーとしても好ましくない体型になります。

ですから、ボディービルダーがフルスクワットをする時も
つま先重心で、行います。

つま先重心でフルスクワットを行うためには、
フロントスクワットと呼ばれる前にバーベルを
抱え込む種目か、

レギュラースクワットでしたら、足のスタンスを多少
広めにしてつま先をハの字に開きけば、
フルスクワットがつま先の内側重心で可能です。

しかし日本人のボディービルダーはほとんどが、カカト重心で
ワークアウトをしています。

そのため、バランスが崩れているのでフルスクワット無しで
ちょうど良い体型になる人も多いです。

そのため、自分の体型のバランスを考えながら
取り入れる事が重要です。

今回のシェアは以上になります。

これからもあなたからの質問を
真剣に毎日回答させて頂きます。

 - ワークアウト理論、アドバイス

  関連記事