北島達也公式website

北島達也式【身体鋼化】の理論と実践を公開

*

どうしても「ご飯」が抜けない立場の人はどうすべきか?

      2016/03/19

——————————————–
Q:アルティメットプロテインすごくよかったので、
ボデザも買います!!

私の友人が保育士をしていて、給食のとき子供の前では
残したり食べなかったりはいけないと園長から
ゆわれてるそうなんです。

ケトンダイエットをはじめたいそうなのですが、
白ご飯を毎日たべるそうなのです。

お昼ご飯以外は炭水化物をとらなくても
ケトンダイエットにはなりませんか?

いい方法などあればおしえていただきたいです。

———————————————

A:本来ならば、お昼ご飯だけでもかなりの糖質量に
なってしまいますので、毎日お昼は炭水化物を
食べるという習慣を無くした方がベターです。

しかし、環境や立場によってなかなか難しい
こともあるでしょう。

その場合、昼だけ糖質を食べても時間は掛かりますが
ケトン体を使えるようにはなります。

しかし、昼ごはんで糖質を毎回とってしまうと通常の
ケトジェニックダイエット並みに食べた場合、
太ってしまう事があります。

ですから、お昼ご飯に糖質を矯正されない立場でしたら
昼ごはんの糖質も食べない方が遥かに食べられる量が
増えてラクに痩せることが出来るでしょう。

本来ならば、職場でダイエット中に炭水化物を食べることを
強制されるのはパワハラになります。

園児に炭水化物を食べないとダメという教育は、もう少し
したら昔はトンデモナイ事を強制してたね!なんて会話に
なるでしょうが・・・

現状では昼ごはんだけ諦めて、他をしっかりとケトジェニック
ダイエットにすれば何もしないよりは遥かに良いです。

是非、実践して下さい。

今回のシェアは以上になります。

これからもあなたからの質問を
真剣に毎日回答させて頂きます。

 - 食事、栄養、サプリメント

  関連記事