北島達也公式website

北島達也式【身体鋼化】の理論と実践を公開

*

バルクアップ目的の食事へのアドバイス

      2016/07/28

——————————————–
Q:バルクアップメソッドを購入しました。

私は細マッチョ系のコンテストに出場して予選で敗退しました。

その理由としてもう少し上半身をバルクアップすることが必要と感じて
色々と調べている中で北島先生のメソッドを見つけました。

たんぱく質の摂取時に、お菓子やジャンクフード(血糖値が上がる)
などを摂取する際のことで質問させて下さい。

現在37歳です。

良質なたんぱく質を摂取する際にブラックチョコ
2,3粒などで摂取してます。

その後に玄米・白米も食べます。

時間帯やその日の活動量で量は調整しています。

(例)
ゆで卵(白身のみ)+ブラックチョコ
牛の赤身+ブラックチョコ

鶏肉+あんこ系和菓子(大福、モナカ)
プロテイン+オレンジジュース

なるべく脂肪は付けたくないと考えていて、特に牛肉は脂肪分が
多いので糖質と一緒に摂取しない方がいいと動画で説明されています。

私は元々ガリガリ体型でしたが、高校生くらいから食が太くなり
主にジャンクフードばかり食べていたら25歳の時には60キロだっ
た体重が80キロまで増えた経験があります。

今のところ、上記の様な組み合わせで日々身体を見ているのですが
脂肪がついている感じはなく筋肉が大きくなっているのは感じています。

恐らく私はどちらかというと、インスリンの分泌は
多くない方だと思います。

糖質を摂取する際に気をつけていることは脂と一緒に摂取しない事と
血糖値を上げる食材も洋菓子などの精製された小麦やバター、油を使
用してない物を選んでおります。

北島先生から見てもうちょっと食べた方が良いとか気をつけたほうがいい
こと(牛肉との組み合わせ)などあればアドバイスを下さい。

また、おすすめのジャンクフードなどもあれば
教えていただけますと幸いです。

私自身、フィットネス業界で働いているのですが
凄く違和感を感じております。

私の所属するクラブの高額なプログラムも内容が薄い上に
情報も古くこれで身体がカッコ良くなる訳がないと思って
しまうようなプログラムばかりです。

経験や知識は北島先生の足元にも及びませんが栄養とワークアウト
を日々自分で試し、自分自身の身体を実験台にして、ある程度ボデ
ィメイクが出来ます。

本当にメディアなどの情報やフィットネス業界の常識的な
事はデタラメが多すぎます。

無駄な時間と我慢を続けて結局、カッコ悪いボディが仕上がる感じです。

まだまだ私もその渦の中で、真実を追い求めている最中です。

今後、本物のボディメイクを創り上げて、ボディメイクの価値を
広めていきたいと考えております。

北島先生の観点には、非常に共感できます。

———————————————

A:全く太れなくてガリガリの人はインスリンの力を借りてたんぱく質を
身体に取り込むのを狙い、糖質と一緒にたんぱく質を摂取する事でサ
イズアップが期待出来ます。

少し太りやすくなってきた場合は、糖分を沢山摂るのは
やめた方が良いでしょう。

また、内容をみると脂質の摂取が少なすぎるようです。

脂質は悪者にされる事が多いのですが実際は男性ホルモンの材料にも
なるので脂質は沢山摂取することでバルクアップ出来て体力も強くな
ります。

ですから、体質が少し太りやすくなったと感じているなら糖質を
摂取しないで脂質をしっかりと摂取することでバルクアップが成
功するでしょう。

その際は、たんぱく質はシッカリと摂取するようにして下さい。

今回のシェアは以上になります。

これからもあなたからの質問を
真剣に毎日回答させて頂きます。

 - バルクアップ

  関連記事