北島達也公式website

北島達也式【身体鋼化】の理論と実践を公開

*

バルクアップ種目のインターバルについて

      2016/11/13

———————————————
Q:北島先生いつもありがとうございます。

僕は最近、北島先生の動画やメルマガを見始めたのですが
work outを実践する上でいくつか分からないことがあった
ので質問させていただくことにしました。

1:
パンプアップをするときはセット間はどれぐらい
レストを取ればいいでしょうか?

2:
タンパク質含有率の高い製品を飲んだ場合と同じ量の
タンパク質をとれるよう、タンパク質含有率の低い製
品を飲んだ場合同じように筋肥大はおきますか?

———————————————

A:パンプアップをする時は、ヘビーウエイトを扱う時よりも
インターバルは短めの方が筋肉の張りを保てるので有効です。

しかし、息があがったたまま次のセットに移るとあまり追い込めない
ので少なくとも息切れがおさまってきてからにします。

人によっても違いますが、30〜45秒ぐらいが標準的な
バルクアップ種目のインターバルとなります。

ただ単に、何も考えずにタンパク質含有量が少ないだけの
粗悪品プロテインもたまに販売されていますが・・・

わたしの監修しているアルティメットシリーズはその目的によって
タンパク質と糖質のバランスを考えて配合しています。

たとえば、糖質抜きのケトジェニックダイエットではブドウ糖や
デキストリンなどはエネルギー源として使いたくないので・・・

ケトジェニックダイエットプロテインやローNETカーボプロテインには
ブドウ糖やデキストリン、添加物などを無駄に配合させていません。

糖質抜きではなく、とにかくバルクアップをしたい時は、ケトン体を
メインエネルギーに使っていないのでインスリンが分泌されないとタ
ンパク質が身体に吸収出来ません。

そこで、アルティメットプロテインやアルティメットプロテインライト
には良質のブドウ糖やデキストリンがハイブリッド配合された仕様にな
っています。

そして、ケトジェニックダイエットの時よりも糖質を摂取している場合は
少しだけタンパク質の摂取量も少なくて済むので、糖質を配合してもタン
パク質不足にはなりにくくなります。

ですから、個人の目的にあったプロテインを選ぶことでどのプロテインも
安心して使えるようにアルティメットシリーズは考えて作られています。

机上の空論から生まれたサプリメントとは違います。

実際に私が使いたくなるようにブレンドしていますので
実践的なサプリメントと言えるでしょう。

・バルクアップを目指す方向けプロテイン
アルティメット・プロテイン
http://ultimate-tk.jp/protein2/

・良質なたんぱく質のみを大量摂取したい方向け。
アルティメット・プロテイン ライト
http://ultimate-tk.jp/protein2/ptlighttop

今回のシェアは以上になります。

これからもあなたからの質問を
真剣に毎日回答させて頂きます。

 - バルクアップ

  関連記事