北島達也公式website

北島達也式【身体鋼化】の理論と実践を公開

*

ガゼインプロテインを就寝前に飲まないほうがいい科学的理由

      2015/05/26

———————————————
Q:●ガゼインプロテインについての質問:

北島先生のマッスルキャンプを
購入して実践している者です。 

ホエイプロテインとマルチ
ビタミンミネラルを最近飲んでいます。

先日、夜寝る前は吸収の遅いカゼインプロテイン
を飲んだほうが効果があるという情報を知りました。

しかし筋肉をつけるにはBCAAが多く含まれている
ホエイプロテインを飲んだほうが良いとも聞きます。

また、低脂肪牛乳とホエイプロテインを混ぜて飲めば
吸収がゆるやかになるということも知りました。

しかし余分な脂肪をつけたくはないです。  

どの方法で寝る前にプロテインを摂取するのが
もっとも効果的でしょうか?

———————————————

A:結論から言うと寝る直前にガゼインの様な吸収が
遅くなるプロテインは飲まない方が良いです。

なぜかと言うと全ての栄養は胃腸から分解吸れます。

つまり

胃腸の機能低下や不調などは
筋肉の成長にとって死活問題となります。

いくらキチンと栄養を摂取しても肝心な身体に吸収させる
機能が低下しては元も子もないのですからそこからの視点
で考えた時に、身体作りのために食事回数など増やしてた
だでさえ胃腸を多く働かせいるのに、

就寝時まで消化の悪い物を消化させる事はあまりにも
リスクが高い事になります。

ですからガゼインを就寝前に摂取する事はメリットよりも
胃腸の負担と言うデメリットが遥かに高くなります。

しかも就寝時にカタボリックになる心配はさほどありません。

通常の睡眠時間は6〜8時間と考えた時
タンパク質不足によりカタボリックに
陥るのは約6時間後です。

そしてこの時間も様々な要因により長さが変わります。

就寝時には成長ホルモンと呼ばれる
アナボリックホルモンが分泌されるので、
カタボリックホルモンの分泌を妨げ
多少はカタボリック状態になるのが遅れる
と考えられます。

しかも

成長ホルモンの分泌はしっかりと深い睡眠が必要なため
消化の悪い物を就寝直前に摂取する事により睡眠を浅くし、
成長ホルモンの分泌すら阻害する可能性まで考えられます。

その様な理由により就寝時には吸収の早いウエイプロテインを
摂取し起床後すぐにBCAAやウエイプロテインなどを
摂取するのが一番効率良いと思われます。

今回のシェアは以上になります。

これからもあなたからの質問を
真剣に毎日回答させて頂きます。

 - 食事、栄養、サプリメント

  関連記事