北島達也公式website

北島達也式【身体鋼化】の理論と実践を公開

*

サプリメントは摂らない方がいい?

      2015/07/13

——————————————–
Q:サプリメントと栄養の吸収率と合成力について質問があります。

私のジムにサプリメントを全く摂らずに、
ボディビル地方大会で入賞した人がいます。

その人によると、

「サプリメントのような栄養価の高過ぎるものを摂ると
栄養の吸収率と合成力が落ちるから取らない方がいい」

それに、タンパク質も大量に摂ると吸収率が落ちるから、
週に1回タンパク質だけを抜いたり3ヶ月に一回1~2週間
断食をするそうです。

この意見についてどう思われますか?

———————————————

A:栄養に対しても原理から真実を考えるのが大事です。
ですからはっきり言いましょう。

この意見は一見、正しいようにも聞こえますが
間違っています。

何故なら、この意見が本当なら
今の現実が”嘘”と言う事になります。

質問ではボディービルの地方大会で優勝するのに
サプメントを全く摂っていないとの事ですが・・・

この質問は、普通、コンテストで優勝する人はサプメントを
摂っているのに全く摂っていないから目立つと言う現状を
表現してるとも言えます。

つまり、コンテストで優勝するには
サプメントを摂らないと難しいのです。

実際に世界には100キロを超えるコンテスト体重
のボディービルは多勢います。

そんな人達がサプメント無しで栄養を全て得ようとすれば
胃腸がもたないので、必ずなんらかのサプメントを摂っています。

しかも現在最も人気のあるウエイプロテインは牛乳をただ、
フィルターでろ過して脂肪分と糖分を除去しただけの牛乳です。

この意見が正しいなら低脂肪牛乳ばかり飲んでいると
栄養が吸収出来なくなると言う事になります。

もし、本当に多少吸収が鈍くなるような事になったとしても
本当に身体を大きくする為には、サプメント無しでは胃腸に
負担がかかるために、100キロを超えるようなコンテストビル
ダーにはなれないでしょう。

また、そこまで求めて無いと言う人でも
サプメントを利用した方が手軽に、
栄養を補給出来るという利便性があります。

またタンパク質を常に多く摂ってはいけないという
持論も間違っています。

タンパク質を制限する事は、
筋肉を分解して小さくしてしまう事になります。

勘違いしてはいけないのは筋肉が成長する環境を作り、
常にタンパク質を多く用意することで脳がタンパク質不
足を気にせず、安心して筋肉を成長させられるという事
です。

つまり、定期的にタンパク質不足を起こせば筋肉が安心して
成長出来る環境では無くなると言う事になるのです。

これは明らかに筋肉の成長を妨げる用意となります。

しかし胃腸を休ませるために、
たまに食事を少なめにする事は良いでしょう。

その為にも、サプメントは役に立つか
かせない存在です。

そして私もそうですが、元々やせ型で胃腸が弱い人間には
ボディービルが無理と言う事になります。

私自身、食が細く胃腸が弱かったため
プロテインなどのサプメントを沢山摂ることで
身体を大きくする事に成功しました。

もしサプメントが無い時代に生まれていたら
私はせいぜい60~65kgにしか
なれなかったと思います。

それを改善してくれるのがサプメントだと
私自身が、体感しています。

世界の多く人が恩恵を受けているのが真実である以上
これを否定する事は
誰にも出来ない真実と言えるでしょう。

今回のシェアは以上になります。

これからもあなたからの質問を
真剣に毎日回答させて頂きます。

 - 食事、栄養、サプリメント

  関連記事

no image
北島プロテインの成分について

北島 達也です。 ●アルティメットプロテインfor ケトジェニックダイエット ● …

no image
「糖質制限」に対する適切な考え方とは?

—————&#821 …

no image
海外のサプリメントは危険?

—————&#821 …

no image
脂肪を燃焼するお茶にご注意。

—————&#821 …

no image
サプリメントの吸収率と合成力について

『サプリメントの吸収率と合成力について 』 の動画をシェアします。 これからもあ …

no image
北島プロテイン&サプリメントの秘密

※本日は、近日発表となりますダイエット専門プロテイン とサプリメントの解説ビデオ …

no image
酵素ドリンクで痩せやすいカラダになるのか?

—————&#821 …

no image
ホエイプロテインの正しい飲み方

—————&#821 …

no image
総合アミノ酸はプロテインの代わりになるのか?

—————&#821 …

no image
プロテインの正しい摂取の仕方